間違ってないか確認しよう!仕事始めの際に喪中の人にかける言葉

Sponsered Link



日本だけでなく、アメリカでもご家族を亡くした友達に

かける言葉には困ります。

どのようにして

失礼にならないように伝えたら良いのかな?

って思いますよね。

今回は適切な言葉と、タブーな言葉の

両方をみていきたいと思います。

喪中の人にかける言葉として適切な内容は!?

Sponsered Link

いくら同僚でもやはり悲しみで落ち込んでいる時に、

失礼になってはいけないので、

心からお悔やみ申し上げます。

ご愁傷様です。

ご冥福をお祈りします。

などが常識的なご挨拶だと思います。

ですが私の経験でいうと、ただただお友達がハグをしてくれて、

一緒に泣いてくれた時は本当に嬉しかったですね。

それと、私が悲しくて色々故人の思い出を喋っているのを、

「うん、うん、そうだったね。」とずっと聞いてくれた友達など、

言葉よりも、態度が大事だと思います。

親しい同僚だったら

⑴「本当に今は悲しいと思うけど、いつも○○さんは

見守ってくれているよ。私に出来る事があれば、いつでも言って!」

⑵「色々と大変だと思うけど、無理しないようにね。」

⑶「辛かったね。喋りたい時はいつでもテキスト(電話)して!」

⑷「何かあったら遠慮せずに言ってね。頑張って!」

⑸「私何もしてあげられないけど、いつでも話し相手になるから。電話待ってる!」

など、お友達の事を思いやる言葉が、望ましいでしょう。

喪中の人にかける言葉として避けるべき内容は!?

⑴重ね言葉

「ますます」

「またまた」

「重ね重ね」

⑵不吉な言葉

「迷う」

「浮かばれない」

などです。

重ね言葉は、さらなる不幸を連想させる事から、タブーと言われています。

色々と宗教の違いにもよりますし、今は親しい同僚などであれば、

そこまで神経質にならなくても良いでしょう。

喪中の同僚へ内祝いは、贈っても良いの?

例えば出産の内祝いなどは、49日を過ぎてから、

のしも「内祝い」ではなく、「お礼」として贈りましょう

品物も、苦や死を連想させる「クシ」や、

故人の顔にかける白いハンカチなどは、タブーとされています。

喪中のお祝い事はどうすればいい?

喪中のお友達をお祝い事に誘うのは、タブーとされています。

ですがあなた自身が喪中で、あなたの家族のバースデーがあったりする時は、

是非祝ってあげましょうね。

故人もスピリットとして、一緒に祝いに来てくれるはずですから。

あなたやあなたの家族を通して、楽しんでくれていると考えましょう。

ですから時には、喪中でも結婚式をあげる人もいます。

故人がその結婚式を楽しみにしていたのなら、

絶対一緒に祝ってあげるべきです。

そして喪中の旅行も、遠慮せずに行く事です。

きっと故人もあなたと一緒に、旅を楽しんでくれていますよ。

まとめ

お友達や同僚が悲しんでいると、どう声をかければ良いか悩みますね。

でも色々難しく考えずに、素直に自分がサポートしているよ、

という気持ちを伝えると、必ず相手に伝わるものなのです。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする