一体いつなの!?伊勢海老が 最もおいしい旬の時期は

Sponsered Link



伊勢海老というと
普段の食卓にはあまり出ない高級食材で、
お正月やお祝い事というイメージがありますよね。

今回は、伊勢海老について書いていきます。

身が引き締まる冬がおすすめ

Sponsered Link

伊勢海老は体長20~30cmの大きさで、
重さは1kgにもなります。

全身暗い赤色で、第二触覚が太くて頑丈なのも特徴になります。

太平洋の浅い海域(サンゴ礁や岩礁が点在する海)に
多く生息しています。
千葉県房総半島沖から沖縄県までの広い範囲
漁が行われています。

伊勢海老の産卵期は5月から8月です。
この期間は、伊勢海老を獲ることは禁じられています

この期間や解禁日は県ごとに決められているため、
全国的に統一されているわけではありません。

伊勢海老の旬は、解禁日からが旬といえます。

しかし、10月から1月に獲れる伊勢海老は
繁殖に向けて餌を大量に摂り始め
海水の温度は下がり始めるので、
身が締まっていて美味しいです。

やっぱり伊勢に行くべきか?

 
伊勢海老の解禁日は県ごとに決められています。

1番早いのは千葉県で、
8月初旬から翌年の4月まで漁ができます。

房総半島は親潮と黒潮がぶつかり合い
プランクトンが豊富なため伊勢海老の成育が良く、
他の地域より早く解禁されるんですね。

鹿児島県・熊本県・長野県は8月下旬が解禁日です。
宮崎県・大分県は9月1日か解禁日になります。

宮崎県や大分県、鹿児島県は入りくんだ入り江が多く、
伊勢海老漁には最適な漁港が多いです。

太平洋に面した大分県佐伯氏~宮崎県延岡市
東九州伊勢えび街道は有名ですね。

そして、三重県や和歌山県は伊勢海老の漁獲量が多く
1位2位を争いますが、
解禁日は遅く10月1日になっています。

水揚げされた伊勢海老を
10月1日に伊勢神宮に奉納してから、
漁を始める地域もあるんです。

また、伊勢海老の名前は、
伊勢湾や志摩半島で多く獲れたことから名前がつけられたとも
いわれています。

これらのことから、古くから伊勢海老漁が盛んで、
深いつながりがあるのだと分かりますよね。

各地域の解禁日が分かったところで、
やっぱり伊勢まで食べに行くべきか?

新鮮な伊勢えびをお造りで食べたい。

そして、伊勢海老は死ぬと自己消化しやすいので
活ものを料理して食べるのが1番です。

・黒潮ダイニング伊勢 花

https://retty.me/area/PRE24/ARE234/SUB23401/100000063902/

 店内で、生きた伊勢海老を捌いて出してくれるので
 新鮮でぷりぷりの伊勢海老が味わえます。

・千葉県で新鮮な伊勢海老を味わえるお店

http://www.favy.jp/topics/11344

 こちらのサイトには千葉県
 美味しい伊勢海老が食べられるお店をご紹介しています。
 ぜひ参考にしてくださいね。

・伊勢海老を堪能!グルメ旅行

http://www.yukoyuko.net/special/dir/name/s_iseebi

 どうせならグルメ旅行で
 伊勢海老を味わいたい人におすすめ!
 獲れたて伊勢海老を味わえる宿、
 格安料金で伊勢海老料理が味わえる宿などが紹介されています。

まとめ

伊勢海老の旬な時期について書いてきました。
なかなか食べられない伊勢海老...

伊勢海老の美味しい時期が分かったところで、
新鮮な伊勢海老を食べに行ってはいかがでしょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする