気付いたら溜まっている!?500円玉貯金を成功させるコツ

Sponsered Link



みんなが一度は挑戦したことがある貯金方法のひとつに500円玉貯金がありますね。
ブタの貯金箱や500円玉貯金専用の貯金箱など雑貨屋さんでも売っていますが、
これがいっぱいになるまで貯められたことはありますか?

500円玉貯金を成功させるにはどうしたらいいのでしょうか。
成功させるためには貯金を始める時期大事です。

お金がない時に初めてもすぐに止まってなかなか貯まらないと思うので、
始めるのに適した時期はお金がある時

例えば、給料後やボーナス後など余裕がある時がいいです。
貯金箱も最初から大きいのを用意せずに、
小さい箱などで貯めてある程度たまったら貯金箱を用意しましょう。

貯金箱も、透明な物は中身が見えるのでちょっとお金が欲しい時などに
「これだけあるなら少しだけ・・・」と誘惑が出る可能性もありますよ。
中身が見えない方がまだ誘惑も少ないと思います。

500円貯金の考え方

Sponsered Link

500円を貯めることはサイフに500円玉がないと貯金箱に入れられませんよね。
500円玉をあえて作ることもいいと思います。

ゲームセンターなどで小銭に両替して、
何枚かサイフにあえて残しておいて帰ってから貯金するという手もありますね。

あとは、定番ですがいつも買うタバコを買ったつもりで500円貯金する方法があります。
タバコを吸わない人は、お昼のお弁当を買わずに自炊していくようにしたり、
缶コーヒーを買ったつもりで500円貯金など、ちょっとの我慢で貯金できますね。

でも、忘れないように入れないと貯まらないですよ。

ルールを決めない

できれば貯金を早く貯めたいですよね。
でも、ルールを作ってしまうと、
それが逆にきつくなって続かなくなってしまいます。

例えば、毎日500円入れる、
とするとあっという間にサイフの中身がなくなってしまいます。

500円玉貯金ですから、500円が毎日サイフからなくなっていくと、
1週間で3500円なくなります。
それが1か月なら・・・。

自分のためにも500円玉がある時に貯めましょう。

上記に書いたように、お金がある時が始め時です。
給料後に買い物して500円玉があればそれを貯金したり、
レジで600円だとしたら、
1100円だして500円玉のおつりをもらったり…。
意識するだけで500円玉は手に入ります。

まとめ

なかなか大金の貯金は生活があるので難しいですが、
500円玉貯金なら手軽に始めることができますよね。

貯金箱も、「60万貯まる!」など書いてあるものより、
可愛い缶や箱、自分のお気に入りの物を使うと入れるたびに嬉しくなりますよね。

今回はいっぱいになるまで、頑張ってみて下さいね!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする