注意!?目のクマがひどいと老けて見える!参考にしたい対処法を紹介

Sponsered Link



目の下にクマできてませんか?

目の下にクマがあると、老けて見えたり、疲れて見えたりして
悩みますよね。

目の下のクマは、3種類に分けられるんです。
種類によって原因・対処法が違います。

あなたの目に下のクマがどの種類に当てはまって、どんな対処を
すれば良いのか、ぜひ参考にして下さい。

ひどいクマの治し方

Sponsered Link

では、クマの種類と治し方についてご紹介します。

・青クマ

目のクマの中で、1番多いのが青クマになります。

目の周りには、とても沢山の毛細血管が通ってます。
目の周りの薄い皮膚から血液が滞った毛細血管が透けて、
青っぽく見えるんです。

原因は、冷え・生活習慣・ホルモンバランスの乱れ・
睡眠不足・疲労
目の疲れなどが考えられます。

対処法としては、マッサージやホットパックなどで
血流をよくするのが効果的です。

マッサージは、アイクリームなどを使い、薬指で優しく行いましょう。

目の周りの皮膚は薄くてデリケートなので、強い力で擦ったりすると
色素沈着を起こして茶クマの原因になってしまうので注意してください。

目の周りの血流をよくするだけではなく、全身の血流をよくするために
半身浴や適度な運動などは予防につながります。

・茶クマ
茶クマの原因は色素沈着です。

そして2種類あります。
1つは、表皮にできたシミと同じレベルのクマ
1つは、真皮レベルでメラニンが皮膚の奥に沈着したもの

紫外線を浴びて受けたダメージと目を擦ることで色素沈着を
起こしやすくなります。

アトピー性皮膚炎、乾燥でなるかゆみ・化粧品かぶれ・
落としきれていないマスカラが原因になっていることもあります。

対処法としては、美白効果の入ったコスメでケアをしましょう。

美白作用のあるビタミンC誘導体配合のスキンケアコスメが効果的です。

真皮レベルの茶クマは、青みのある灰色と茶色が混ざったような色素斑です。
メラニンが皮膚の奥に沈着している状態で、・おでこ・小鼻などにもあらわれます。

皮膚の奥に沈着しているのでレーザー治療が有効です。

・黒クマ

原因は、加齢によるコラーゲンの減少・目の周りの筋肉の衰えと言われています。

肌のハリが保てなくなり、凹みが生まれます。
それによって影ができクマに見えます。 

対処法は、保湿効果が高い美容液やクリームなどで肌の潤いを高めるのが良いでしょう。
または、皮膚のへこんだ部分にヒアルロン酸を注入し、凹みを失くす方法もあります。

目のクマは病気の可能性も

目のクマが解消されない時は、病気の疑いもあります。

考えられる病気には

貧血・低血圧

貧血や低血圧になると、赤血球数やヘモグロビンのが減り
体内に酸素が運ばれません。
血液の流れが悪くなると、目の下に青クマができやすくなります。
疲れ・めまい・動悸・息切れ・立ちくらみ・頭痛などの症状が出てきます。

・バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

甲状腺ホルモン(のどにある甲状腺)が過剰に分泌されてしまう病気です。
代表的な症状に、眼球の突出があります。

目の周りの脂肪や筋肉が炎症を起こし腫れてしまうことで、
目の中の圧力が高くなり眼球が突出します。

突出した下にができ、黒グマとなってあらわれます。

甲状腺が大きく腫れたり・汗をよくかいたり・手指が震えたり・
体重の減少などの症状が出てきます。

・肝臓・腎臓疾患

肝臓・腎臓は体内の老廃物をキレイにしたり、解毒作用があります。

血液をキレイにする働きもありますが、機能が低下することで
血液が淀んだり留まったりします。

それが原因で目の下にクマができます。

肝臓が悪いと黄疸、腎臓が悪いとむくみが出やすいです。

・アトピー性皮膚炎・花粉症

目の周りにハウスダストや花粉が付いて、かゆみが起こり
何度も掻いているうちに色素沈着が起こり、茶クマができやすくなります。

・うつ病
うつ病になると、自律神経が乱れて、目の周りや口の周りの筋肉に
血液が運ばれにくくなります。

これが原因で、青クマが出やすくなります。

無気力・眠れない・気分が落ち込んだまま喜怒哀楽がない、などの症状があります。

・血栓症
下まぶたの内側の毛細血管に血栓ができていると
赤グマとなって現れます。

まとめ

目の下のクマについて書きました。

目のクマを予防するためには、目に疲れが溜まらないようにすることが大切です。

そして、体を芯から温め血行促進するのも効果的です。

目を温めるだけでも違うので、ハンドタイルをお湯で温めて目の上にのせるだけでも
目の下のクマが薄くなったりします。

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする