日陰でも日傘は必要!?日陰でも紫外線はやってくるってホント?

Sponsered Link



美容に気を付けている人、

肌が弱い人の大敵と言える紫外線

日焼け止めクリームを塗ったり、

薄手の長袖を着ることで肌の露出を防いだり・・・

少し手間がかかってしまいますよね。

レジャーの時ならともかく、通勤や買い物の行き帰りくらいなら、

建物の影に沿って歩くくらいで対策出来るんじゃないの?

なんて思ってしまいます。

でも、実は日陰でも紫外線は

きっちりと肌にダメージを与えているんです!

今回は、日傘などを使った正しい紫外線対策のしかたを紹介します。

日向と日陰での紫外線の違いは!?

Sponsered Link

影は目で見た限りでは

太陽光が当たっていないように見えます。

じゃあ日陰でも紫外線が来るのは何故でしょうか?

まず、紫外線の届き方は、

・太陽から来る直射やってくる

・大気中の粒子で散乱してやってくる

・地面から反射してやってくる

の3パターンに分けられます。

当然、日向ではこの3パターン全ての紫外線の

影響を受けます。

日陰の場合でも、太陽から直接降る紫外線は予防出来ますが、

大気中から、地面からのものまでは防ぎ切れないんです。

実際に、

曇りの日でも晴れの日の80%の紫外線が降ってくる

と言われています。

日差しの弱い秋や冬場でも

日焼け対策するのがベストとも。

人の感覚に頼っていては万全な対策が

出来ていないということですね・・・

紫外線を防ぐなら日傘が一番!?

夏が近づくと話題になる紫外線対策グッズ。

色々なものがありすぎてどれがいいか

迷っちゃいますよね。

そこでおすすめするのが日傘です。

馴染みのない人にしたら、

雨が降っているわけでもないのに

傘を差すなんてわずらわしい!

日差しは防げても、何となく暑っ苦しそう・・・

という印象を受ける人もいるかもしれませんね。

先ほど話した通り、日陰でも紫外線が降るわけですから、

影を作るだけの日傘に本当に意味はあるのか?

という疑問も。

でも、遮光率の高い日傘には遮熱効果も期待できる

というのはご存知でしたか?

遮光率が高い物ほど体感温度を下げると言われ、

なんと-10度も涼しくするなんて話も!

暑い日に気になる汗染み対策にも効果がありそうです。

(遮光効果がない日傘では日陰にいるのと同じで

万全な対策ができません。

必ず遮光効果の高い日傘を選ぶようにしましょう)

また、日傘は、

敏感肌だから日焼け止めクリームがなかなか使えない

という人からの支持を多く集めています。

最近ではおしゃれなデザインの物も増え、

ファッション感覚で使うことも出来ますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

一見陽が当たっていないように見えても

紫外線だけは降ってきているなんて恐ろしい話ですね。

いつでも気を抜かずに対策することが重要です。

正しい対策法で大切なお肌を守りましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする