実は複雑だった!?スキーブーツって圧以外に全て調整が必要なの?

Sponsered Link



スキーブーツに関する調整と言えば、

スキー板とブーツのセッティングにおける

ビンディング調整がよく知られているかと思います。

しかし、スキーブーツ自体の調整が

必要となる場合もあるのです。

骨格や足の形は人ぞれぞれですので、

自分のサイズ通りのスキーブーツを履いても、

合う・合わないがあるのは当然の話です。

でも調整を行うことで、完璧とまでは行かなくても

完璧に近い形で自分にあったブーツに

仕上げることができるわけです。

自分に合ったブーツで滑れば

驚くほど滑りが改善されるということは

よくある事みたいですよ(^^)

そこでスキーブーツの調整について色々調べてみました☆

スキーブーツで調整が必要なポイント

Sponsered Link

スキーブーツの調整で重要視されているのは

「カント調整」と呼ばれるものです。

「カント」とは英語で「傾く」「傾斜」

「斜面」という意味がある通り、

ブーツの傾きを調整することをいいます。

元来、人は(まれに真っ直ぐな

美しい脚をお持ちの方もいらっしゃいますが)

それぞれ脚に歪みなどのアンバランスさを

持っているものです。

そうするとスキーでカーブを滑るために体を傾けた際、

バランスがうまく取れず

うまく滑れないということが起こります。

そこでスキーブーツを履いた時、

重心がまっすぐになるように調整するのが

カント調整です。

例えば大雑把にいうと、O脚の人だったら

外重心なので内側に傾ける、

X脚の人は反対に外側に傾ける…などです。

また、膝の曲げ方にもそれぞれ癖がありますので、

曲げた時に膝がまっすぐに向くように調整するのも

大事なポイントです。

スキーブーツの調整方法

カント調整機能の付いたスキーブーツであれば

ブーツを履いた状態でカント調整用のねじを緩めて

膝を曲げながら位置を決め、再びねじを締めるという方法により

個人で微調整が可能なようです(^^)

しかし調整範囲が限られていることや

調整機能のないブーツも多くあることから、

インソールでの調整が一般的みたいですね。

先ほども述べた通り、O脚の方は内側に、

X脚の方は外側に傾くようにインソールを入れます。

スキーブーツ専用のインソールがありますので

ショップなどで見てみるといいでしょう。

より正確に調整したいのであれば、費用はかかりますが

スキーブーツの調整を扱っているショップに相談の上、

自分の骨格や歪みなどの癖を調べてもらい、

自分専用のインソールを作ってもらうこともできます。

ただし費用は¥10000以上を覚悟した方がよさそうです

・・・なかなかですね(^-^;

さらにこれまた費用はかかりますが、

ブーツ自体を足に合うように変形加工する

という方法もあります。・・・が、

なかなかそこまでするのは

かなりの上級者レベルの人ぐらいみたいですね。

しかし、自分でカント調整というのは

なかなか難しい部分があるので、

やはりスキーブーツ購入の際に

ショップでの調整を頼んだ方がよさそうです。

まとめ

スキーブーツの調整について

色々調べてみて思ったことは、

考えたらきりがないということ(^-^;

プロのスキーヤーでもない限り、

自分に完璧に合ったものに仕上げることは難しいし、

なかなかしないのではないかと…(^^;

実際、カント調整など必要ない

という意見も見られましたし、

必要性は人それぞれなのかと思います。

ただやはり、スキー技術が上がってくると

カント調整の重要性が分かってくる

ということもあるみたいなので、

やはりまずは感覚をつかむことが

大切なのかなというのが私個人の感想です。

でも素人でも、長時間スキーブーツを履いていると

足が痛くなるとか、ブーツを替えたら膝が痛むようになった

ということであれば、スキーブーツが合っていない可能性が高いので、

その時は調整を考えてみてもいいのかなと思います。

その際はできれば個人で適当に調整せずに、

専門知識のある方に相談の上

調整した方がいいことは確かです。

まずは何よりも快適に滑るために、

スキーブーツ選びを慎重に行うようにしましょうね!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする